高砂薬業株式会社

 








   
1905年 森音吉が大阪府南河内郡千早赤阪村で、和漢生薬原料の製粉業を始める。
1912年 日本粉末製薬合資会社として設立。
1933年 大阪市阿倍野区天王寺町に工場を移転、また阿倍野区旭町にて生薬の卸業務を開始。
1949年 組織を株式会社とし、初代代表取締役に森信治が就任。
1958年 大阪市中央区道修町に営業所を開設。
1965年 真空凍結乾燥装置を用いた日本初の漢方純乾燥エキスを開発に成功。
この漢方のエキス化により、糖衣錠を順次開発。
1971年 道修町1丁目に営業所を移転。
1972年 漢方総合センター「漢方ビル」を設立。
1975年 一般用漢方エキス顆粒剤を新発売。
1977年 GMP適合工場を天王寺に設立。
1978年 代表取締役社長に森巖が就任。
漢方エキス製剤が薬価基準に収載され、医療用医薬品の製造を開始。
1981年 大阪府柏原市に柏原工場・倉庫を建設。
1986年 新規格による医療用漢方エキス剤を製造。
1987年 新規格による一般用漢方エキス剤を製造。
柏原生薬工場倉庫を設立。
1990年 柏原工場を増設。
1996年 大阪府河南町に低温倉庫を設立。
2001年 代表取締役社長に森清茂が就任。
2005年 天王寺に新工場を設立。
2008年 道修町営業所を、柏原生薬工場へ移転。
2012年 大阪府柏原市に新柏原倉庫を設立。

 

 
 
Copyright(c) 2010 OHSUGI Pharmaceutical Co.,Ltd .All Rights Reserved